>  > 【ブリッツ】Touch-B.R.A.I.N. NISSAN ステージア (STAGEA) 96/09-01/10 WGNC34 RB25DE
スキルUP

【ブリッツ】Touch-B.R.A.I.N. NISSAN ステージア (STAGEA) 96/09-01/10 WGNC34 RB25DE

「会議でのプレゼンが苦手」……そのお悩み、実はとてもシンプルな方法で解決できるんです。『世界最高のリーダー育成機関で幹部候補だけに教えられているプレゼンの基本』(田口力著)からご紹介します(第6回)。

「簡潔な資料」にすると「生産性が上がる」

ビジネス・パーソンがスライドづくりや、そのスライドを使ったプレゼンに費やしている時間とコストは、膨大なものになっています。

その見返りとして、それらのコストや時間を上回る利益がもたらされれば話は別ですが、たいていの場合、残念な結果になっているのではないでしょうか。

簡潔なスライドにするだけでも、ホワイトカラーの生産性が上がることは、誰にでもわかることです。それなのになぜ、煩雑(はんざつ)なスライドをつくってしまうのでしょう。

大きな原因は、プレゼンの聞き手と話し手の双方にあります。

まず、聞き手側に問題がある場合です。

ポイントだけを記載した簡潔なスライドには文字数が少なく、画像や図表によってインパクトを与えるようにつくられます。ところが、意思決定する側はたいてい、詳細なデータや説明文を欲しがります。なぜなら、そうした書類によって意思決定をすることに長年慣れてしまったからです。

意思決定する側の思考様式が変わらない限り、グローバル・スタンダードの簡潔なスライドで説得しようとしても、結果は思わしくないものになるでしょう(だからこそ、「聞き手を知る」ことが大切なのです)。

相手が〝煩雑な〞スライドを望むのであれば、悩まずに、

、凝(こ)ったスライドをつくりましょう。アメリカ人が書いたプレゼンの本を読んで、「本当はこんなビジュアルに訴えかけるスライドをつくりたいのになぁ」とストレスを抱える必要はありません。

ただ、あなたが管理職や経営幹部になったら、あるいは現在そうした地位にいるのであれば、意思決定権者としてのあなたがプレゼン、特に「スライド」に対してグローバル・スタンダードの簡潔さを求めるようにすればいいのです。

GEを世界最強企業に育て上げたジャック・ウェルチも KONI STR-T ショックアブソーバー [ジェッタ2 16 16GX/16RD/16RV] コニー ショックアブソーバー 代引き手数料無料&送料無料、CEOになるまでは従来の慣習に従って分厚い資料を用意して、意思決定の会議に臨んでいました。しかし、CEOになった彼は、ムダであると実感していた「分厚い資料による意思決定」をすぐにやめさせています。

あなたが意思決定権を持っているのなら、自分の意思決定能力をグローバル・スタンダードのレベルにまで高めるためにも、組織や働く人の生産性を高めるためにも、簡潔なスライドでプレゼンを行うルールを導入してください。

「煩雑な資料」になってしまう3つの理由

「なぜ煩雑なスライドになってしまうのか」――次はプレゼンをする側の問題を説明します。この問題については、大きく3つに分類できます。

①伝えたいメッセージが簡潔にまとまっていない
②聞き手の立場に立ったスライドづくりができていない
③実演に対して自信が持てない

この他にも、「緊張しやすい」「サービス精神が旺盛(おうせい)」「性格的に細かい」等々、研修でその原因について質問してみると ホンダ ステップワゴン RG1・3(FF) 18インチ アルミホイール・タイヤセット 一台分(4本セット) Kranze Graben 680EVO BLACK/POLISH BRONZE CLEAR/GOODYEAR 215/45R18 ステップワゴン 18インチ 215/45R18 18×7.5J 55、実にさまざまな意見が出てきます。

最初の「①伝えたいメッセージが簡潔にまとまっていない」については、ここまでの連載で述べました。

2つ目の「②聞き手の立場に立ったスライドづくりができていない」についても、「聞き手の視点に立つ」ということの大切さを強調してきました。

研修ではいつも、「プレゼンは、自分の苦労話や努力したことについてのお披露目(おひろめ)会ではない」と言っています。ところが私たちは、「自分の努力を人に認めてもらいたい」「苦労したことに共感してほしい」「素晴らしい成果を上げたことを褒(ほ)めてほしい」という気持ちを抱くものです。

そんな気持ちが無意識に湧いてくるということを認識していないと、スライドの中身は自分視点になってしまい 、かき集めた情報をこれでもかと詰め込んでしまうのです。

最後の「③実演に対して自信が持てない」は、とても多くの人が抱える問題です。

「緊張すると頭の中が真っ白になり、何を話そうとしていたのかわからなくなる」、あるいは、「リハーサルをしてもいざ本番になると、本筋と違う話にそれてしまう」ということを大変多くの人から聞きます。

自信がないから緊張する。だから「話すべきことをすべてスライドに書き込んでしまう」といったことになるのだと言います。

つまりそうした人たちは、スライドをカンニング・ペーパーにして、それを棒読みしてしまうことになるというわけです。

いくら緊張しても、自分の名前を忘れる人はいません。それは自分の名前をよく知っているからです。だとすれば 【送料無料】 225/45R19 19インチ WEDS ウェッズ マーベリック 005S 7.5J 7.50-19 YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース RV-02 SALE サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション、緊張すると話すことを忘れてしまうのは、なぜでしょうか。

実は スバル エクシーガ 12.7~ YA5(ts) ACRE(アクレ) ブレーキパッド ダストレスリアル 370 フロント 左右セット ブレーキ アクレ パッド、自分がこれから話す内容をよく知らないからなのではないでしょうか。

田口 力

【著者紹介】田口 力(たぐち・ちから)
元GEクロトンビル・アジアパシフィック プログラム・マネジャー。株式会社TLCO代表取締役。上智大学グローバル教育センター非常勤講師。
1960年、茨城県生まれ。83年早稲田大学卒業。政府系シンクタンク、IT企業の企業内大学にて職能別・階層別研修や幹部育成選抜研修の企画・講師などに従事。2007年GE入社。世界最高のリーダー育成機関として知られる「クロトンビル」で、日本人として唯一リーダーシップ研修を任される。日本・アジア太平洋地域の経営幹部育成プログラム責任者として研修を企画・開発・実施。講師としては10年から4年間、研修参加者からの評価点では連続世界一の実績を持つ。14年に退社し、独立。国内外の企業幹部に対して「本物のリーダーシップ研修」を指導している。04年、一橋大学大学院商学研究科経営学修士コース修了(MBA)。

【書籍紹介】『世界最高のリーダー育成機関で幹部候補だけに教えられているプレゼンの基本』(KADOKAWA)
世界最強企業GE(ゼネラル・エレクトリック)では、新規ビジネスの決裁、リーダーとしての評価、社員のその後のキャリアまで、あらゆることが「プレゼン」で決まります。そのGEの研修機関・クロトンビルでプレゼン研修のマスター・トレーナーとして活躍する著者が、「プレゼンの基本」を紹介します。
カテゴリ:スキルUP

関連記事
  • 相手に「さらに聞きたい」と思わせる一言とは?/プレゼンの基本⑩
  • 適切な「間」でプレゼンがグッと印象的になる/プレゼンの基本⑨
  • 「聞く価値があった」と思わせるプレゼンのコツ/プレゼンの基本⑧
  • 抵抗勢力を退ける「3つのP」とは?/プレゼンの基本⑦

特 集
  • 社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

  • 解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力 brembo ブレンボ ブレーキローター 左右セット 品番:08.R101.11 リア MERCEDES BENZ W164 年式:05/10~12/06 型式:164186 164125、論理力、想像力を磨こう!

  • おもしろ雑学 知的好奇心がワクワクしながら満たされる雑学クイズ!

  • 頭のいい小学生が解いている算数脳がグンと伸びるパズル

  • 通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

スキルUPの人気記事ランキング

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-85618