>  > 【Dotty】 LUXUR-BS シートカバー 1台分 プリウス (5人乗り)にお勧め! DAA-ZVW30系 H24/01→H27/11 品番:2460

プリウス LUXUR-BS DAA-ZVW30系 1台分 品番:2460 H24/01→H27/11 【Dotty】 (5人乗り)にお勧め! シートカバー (5人乗り)にお勧め! 品番:2460

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年、11月15日〜24日の間、クアラルンプールのプトラワールドトレードセンター(PWTC)にて開催されているKL国際モーターショー(Kuala Lumpur International Motor Show)(←クリックでホームページに行きます)に行ってきました。



実はこの初日がわたしの誕生日だったため、長男ユージンは、

「ママの誕生日だから、モーターショーに連れて行ってあげるんだ♪」

と前々から言っていたのですが・・・。
いや [KYB] カヤバ ショック ローファースポーツ 1台分 4本セット ヴィッツ NCP15 99/08~02/05 2NZ-FE 4WD [CLA / U / F]、気持ちはうれしいんだけどね 、別にわたしゃあ車に興味はないんだよ!
しかし、家族4人のうち、3人は車大好きなオトコたち。多勢に無勢。
「ママも行こうよ、楽しいよ〜♡」
と言われたので、まあいいか、と思って行ってきました。

国際モーターショーとはいっても、東京モーターショーなどに比べると、規模は3分の1程度。
マレーシアの国産メーカーのプロトンをはじめ、BMWやマツダなど出展しないメーカーも数多い。
でも、結果から言うと、わたしでも結構楽しめました。
というのは、わたしは何でも「子どもの興味のあるところから学びを広げていく」主義なので、そういう教育ママ視点で見れば車というのはものすごく面白くなりうる題材だし、最近子どもたちがあまりにも四六時中車の話ばかりするので、わたしも結構車に詳しくなっているからね。ふふふ。

モーターショーでは、実際に道路を走っているわけではない「コンセプトカー」が見られるのがおもしろいところ。
これはトヨタのFun-vii。


これは、実際に走っている車だけど、中の構造が見えるようになっていて面白い。
フォルクスワーゲン・ゴルフのカットモデル。


マレーシアには「プロトン」と「プロデゥア」という2つの国産メーカーがありますが、今回出展していたのはプロデゥアのみ。
そこで人が群がっていたので何かと思ったら YOKOHAMA スタッドレス ice GUARD6 IG60 165/65R14 &VELVA IGOR 14 x 5.5 100/4H + 38 ストーリア M110S、コンセプトカーの「Myvi Advanced」でした。

Myvi(マイビー)は実際に売られている車で、マレーシアにある車の一割はマイビーなのではないかと思えるほど大人気。(ベースはトヨタパッソ、ダイハツブーンと同じ。)
なぜかここでも人が押し寄せて大人気でした。この写真ではみづらいけど、中はWi-Fiがついていたり、後部座席にiPadみたいな画面がついていました。

ところで、レースじゃないからレースクイーン・・・とは言わないよな、あの綺麗なお姉さんたちは何て呼べばいいのでしょう?コンパニオン?
まあいいや、そのお姉さんたちの衣装などを見ると、各メーカーごとにイメージが違い、特色が出ていて面白いな〜と思います。そして、あんな寒いところであんなに露出度の高い服を着ていて、よく寒くないな〜!といつも感心します。わたしには出来ないわ!(←いや、寒さに弱くなくても出来ないけどさ。)

しかし、やっぱりマレーシアのプロデゥアのお姉さんたちは、全然露出していないこんなキャリアウーマンみたいな格好だったので、ほほうやっぱりイスラム国だな〜と納得。


この前本物の消防車に乗った次男ライアン 【受注生産】【グレイス Grace】エスティマ (7人乗) 等にお勧め ラグジュアリーダイヤエディション LDB [Bラインレザー仕様] シートカバー 1台分 型式等:GSR50W / GSR55W / ACR50W / ACR55W 品番:CS-T012-X、今日は本物の救急車に乗った!(フォード製)


でも、何と言ってもすごかったのはこちら。
アメリカのクラシックカーを展示&販売していたのですが・・・。
こんな感じの。↓

(ダンナの話によると、こんなにどでかいアメ車でも、現代の車とぶつけると粉々になってしまうそう。昔はやっぱり車の強度は弱かったのね〜。)

ダンナが、「あ、フォードが初めて大量生産した車だよ。」とコチラを指差しました。


すると、わたしと子どもたちは顔を見合わせて、


「これ、本田宗一郎の伝記に出てきた!」
と叫びました。

ホラホラ、ここ。↓


本はこちら。すべての伝記を読んだわけではないけれど、本田宗一郎のところは、車好きの子どもたちに真っ先に読んであげました。


T型フォード、1915年ってことは、なんとほぼ100年前の車ですよ〜!


そんなこんなで、感激しながらジロジロ見ていたら、そばにいた係のおじさんが、
「ん、そんなに好きか?乗ってみるか?」
と言ってくれて、乗せてくれました!
ピースをしているのが見えるでしょうか?


クラシックカーはすべて、遠くから囲いが張り巡らされているので、乗ることはもちろん触ることさえできないようになっていました。
それなのに、なぜかうちの子たちだけ特別に乗せてくれたんですよ〜。そんなに必死の形相だったのかしら・・・(笑)。

本田宗一郎の伝記でどういうふうにこのT型フォードが出てきたかというと H&R コイルオーバー 29758-2 BMW Zシリーズ Z3 ロードスター 6cyl/クーペ 6cyl 1996年04月~2003年、これを初めて見た少年の時の本田宗一郎が、
「わあ、すごい、すごい!」
と興奮し、追いかけたけど追いつけず、
「はあ・・・いいもんだなあ、自動車は・・・。」
とつぶやいている場面に出てきたのでした。
本当にそんなことがあったのか、そんなことを言ったのかは分からないけど、まあ時代的にT型フォードに感銘を受けたというのは充分に考えられますよね。

で、その後、こんなホンダのコマーシャルを見て、ちょっと心に響きました。
"Let's see what curiosity can do..."(好奇心に何ができるか、ちょっと見てみましょう)で始まり、ホンダが生み出してきた製品がどんどん出てくるのだけど、なんだか上のT型フォードを追いかける少年の好奇心からすべて始まって、アシモみたいな人型ロボットを造っちゃったりするところまで行ったと考えると、感慨深いものがありますよね。



ということで、車好きの少年たちはたっぷり楽しんだようです。
彼らの車好きはまだまだ続くよどこまでも〜。


「マレーシアでオーガニック子育て」ホーム

★ブログランキング★

↑クリックで得点が入ります。一日一回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。いつもありがとう

関連記事

【新商品情報】アピタ ピアゴ 限定国旗トミカ 2000GT ウルグアイ国旗タイプ(6/22発売) トミカごーごー情報館
HT0LDXJTV20001BBB、TOURO DESK DX3 TV 分解 リカバリー・初期化・再セットアップ、分解、ハードディスク取り出し、データ復旧、のノウハウ
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-98362