>  > ブレンボ ブレーキパッド CERAMIC ランサーセディア ワゴン / ランサー ワゴン CS5W フロント
【送料無料】Weds(ウェッズ) ナヴィア 03 MSMC 185/60R15 185/60-15 タイヤ付き フィット GK3-6,GP5・6 15インチ タイヤホイールセット 組込 バランス調整 エアー充填 4本セット

ブレンボ ブレーキパッド CERAMIC ランサーセディア ワゴン / ランサー ワゴン CS5W フロント

【送料無料】 245/40R19 19インチ WORK ワーク マイスター M1R 8.5J 8.50-19 FALKEN ファルケン ジークス ZE912 サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション

ブレンボ ブレーキパッド 内装パーツ CERAMIC ランサーセディア ワゴン / ランサー ワゴン CS5W フロント 【245/45-18】

ブレンボ ブレーキパッド 内装パーツ CERAMIC ランサーセディア ワゴン / ランサー ワゴン CS5W フロント 【245/45-18】

現在のページ:TOPページ > 医療ジャーナリスト丸山寛之氏が綴る辛口コラム「それ、ウソです。」

フロント CERAMIC ブレーキパッド ブレーキパッド ランサーセディア フロント ブレンボ ランサー ワゴン ワゴン / CS5W

「運動がある強度に達すると、

、急に乳酸がふえ始めます。それが最大酸素摂取量の50%を超えたあたりなのです。裏返せば、最大酸素摂取量の50%以下の運動であれば『疲労物質』といわれる乳酸が血液中に蓄積されず、楽に運動を続けられるわけです」(荒川規矩男・福岡大学医学部第二内科教授「高血圧の運動療法」=『壮快』1994年4月号)

 運動などで激しく体を動かすと、血液中に乳酸がふえることは、100年も前からわかっていて、疲労の原因は 【補修用*HDK新品ドライブシャフトASSY*左側】 マツダ スクラム バン DG64V(4WD) K6A 2005年9月~ * 純正番号 1A32-25-030E 相当品、血中の乳酸濃度が高まるためであるとされてきた。

 運動すると、なぜ、乳酸がふえるのか? 上掲の記事の前段で荒川教授は、

「乳酸というのは、エネルギーとして使う糖分が不完全燃焼してできる物質です」と説明している。

 つまり乳酸は 、糖質の燃えカス、老廃物なので、それが増加することが肉体疲労の原因となり、運動後に起こる筋肉痛も乳酸蓄積が原因である―というのが 【シェルタイプロックナットSet】20個入り※4個予備■カローラアクシオ/トヨタ■M12×P1.5/クローズドエンドタイプ53mm■1個51g【レデューラレーシング】 ロック&ナットセット【CL53-11】、一昔前までの学説だった。高校の保健体育の教科書にも載っていた。

 乳酸=疲労物質説は現代人の常識だったから、いまでもそう信じている人が多い。そう言ったり、書いたりしているコメントに接することも、ままある。

 だが、近年の運動生理・生化学的研究により、乳酸=疲労物質説は完全に否定された。

 乳酸は老廃物どころか、体の有効なエネルギー源なのだという。

 エネルギーは、細胞のミトコンドリアで糖や脂肪から合成される。このとき糖の分解によって乳酸ができる。

 急激な運動をすると、糖の分解が活発化してさらに多くの乳酸ができる(乳酸の血中濃度が高まる)。

 運動に用いる筋肉には、無酸素で瞬発力を生み出すが、持久力のない「速筋」と、瞬発力はないが、酸素を消費して持久力を生み出す「遅筋」がある。

 乳酸をエネルギー源として利用するしくみをもつのは遅筋のほうで、乳酸の生成と酸素の供給のバランスがとれていれば、運動は楽に続けられる。ウォーキングなどの有酸素運動がそれだ。

 だが酸素の供給が間に合わないと、乳酸が利用できず、持久力が失われる。血液中に乳酸がふえてくる。激しい筋肉運動が長続きしないのは 【シェルタイプロックナットSet】20個入り■チェイサー/トヨタ■M12×P1.5/クローズドエンドタイプ53mm■1個51g【レデューラレーシング】 ロック&ナットセット【CL53-11】、そのためだ。

 一方、速筋は、糖質からエネルギーを取り出して乳酸を作りだすのに、酸素を必要としないしくみになっている。いつでもすぐ発動できる(瞬発力を作り出す)が、持久力はない。

「運動がある強度に達すると、急に乳酸がふえ始めます。それが最大酸素摂取量の50%を超えたあたりなのです」のは、事実だが、

「最大酸素摂取量の50%以下の運動であれば楽に運動を続けられる」のは、「疲労物質といわれる乳酸が血液中に蓄積されない」からではなく、血液中の乳酸の生成と消費がスムーズに行われているからなのである。話はまったく逆だったのだ。

「乳酸が疲労物質なら運動後もずっと残っているはず。でも実際は運動から1時間もすれば元のレベルに戻ってしまう。疲労物質ではない何よりの証拠。疲労はもっと複合的な要素で起こる」と、「乳酸代謝・運動と疲労」を研究テーマとする、八田秀雄・東京大大学院教授。

 ちなみに「乳酸」という名称は、牛乳などの糖質を発酵させてチーズやヨーグルトを作るさいに生じ、「酸味」をもつ物質であることに由来する。

 牛乳などから乳酸を作り出す発酵菌が乳酸菌で、乳酸菌はさまざまな食品の発酵に関わっているので、いろんな食品に乳酸が含まれている。

 人の体のなかでできる乳酸は、乳酸菌とは関係なく、前記のように細胞でエネルギーが生成されるとき エスペリア スーパーダウンサス 1台分 スイフト ZC21S ESS-656 ESPELIR Super DOWNSUS ダウンスプリング バネ ローダウン コイルスプリング【店頭受取対応商品】、糖質が分解されて生じる。

 人の体内の乳酸菌は、ご存じのとおり腸内の善玉菌の最も代表的な一つで、免疫力を高めるなどさまざまに有用なはたらきをしてくれる。

【送料無料 N-BOX タントカスタム ワゴンR】 155/65R14 14インチ KYOHO 共豊 カワイイデコル ダリア 4.5J 4.50-14 DUNLOP ダンロップ EC202L サマータイヤ ホイール4本セット【DUsum18】
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-53196