>  > 江洋ラジエーター(KOYORAD) * スズキ エスクードハードトップ E-TA01R G16A 88.05~97.11 (M/T車) 純正番号: 17700-60A01 相当品

江洋ラジエーター(KOYORAD) * スズキ エスクードハードトップ E-TA01R G16A 88.05~97.11 (M/T車) 純正番号: 17700-60A01 相当品

ハリケーン [H304-075C] ワイドローオールド2型 ハンドルSET クロームメッキ H304075C【送料無料】

Google マーチャントセンターのデータフィード管理を手助けする2つの機能「フィードのルール」と「補助フィード」

2018-06-18

Google アドワーズのショッピング広告をはじめとするデータフィードを活用した広告は年々注目が高まり、活用を考える機会も多くあるかと思います。その中で、継続的に成果を出すことができるかどうかはデータフィードのメンテナンスができているかどうかと言っても過言ではありません。

参考:Google ショッピング広告の成果が「悪くない」ではダメな理由

Google ショッピング広告を掲載するためにGoogle マーチャントセンターに登録する主要なデータフィードのことをメインフィードと呼び、多くの商品情報が詰め込まれています。

Google マーチャントセンターを介している分、通常の広告とは勝手が違いフィードに苦手意識を持ってしまっているケースも少なくありません。また、広告代理店経由で出稿を行う場合など、何らかの理由により、広告運用の担当者がメインフィードを直接編集することが難しいことを理由に対応できていないケースやデータフィードの内容はサイトの構成とも密接に関わっているため、些細な修正であっても想像以上の工数がかかるため、対応が後回しになってしまっているケースも考えられます。(そもそも更新性の高い、大規模なサイトではメインフィードを1つ1つ編集するのは、現実的に難しいでしょう。)

今回は、急成長しているショッピング広告の成果の要であるデータフィードを、Google マーチャントセンターの機能を活用して、より簡単にメンテナンスする2つの方法をご紹介します。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-48903