>  > [ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L747 (PWHP) 19インチ×8.0J PCD:114.3 穴数:5 インセット:-6
【SSR】 EXECUTOR EX04 (エグゼキューター EX04) 20インチ 10.5J PCD:120 穴数:5 inset:8 フラットチタン [ホイール1本単位] [H]

「神起こし 急ぐ   - ぐるり神様 -」の更新通知を受け取る場合はここをクリック

[ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L747 (PWHP) 19インチ×8.0J PCD:114.3 穴数:5 インセット:-6

< April 2019 >
カテゴリ
お導き頂いている神様
天之御中主神
(あめのみなかのぬし)
神高皇産霊神
(たかみむすびのかみ)
神皇産霊神
(かみむすびのかみ)
天照大神
(あまてらすおおみかみ)
天津日高彦瓊瓊杵尊
(ににぎのみこと)
天照国照彦天火明櫛玉饒速日命
(にぎはやひのみこと)
天宇受売命
(あめのうずめ)
天児屋根命
(あめのこやね)
天手力男命
(あめのたぢからお)
天八意思兼
(あめのやごころおもいかね)
伊弉諾尊
(いざなぎ)
伊弉冉尊
(いざなみ)
五十鈴姫神
(いすずひめ)
韋駄天
(いだてん)
市杵嶋姫神
(いちきしまひめ)
磐長媛命
(いわながひめ)
宇迦之御魂神
(うかのみたま)
保食神
(うけもち)
烏枢沙摩明王
(うすさまみょうおう)
えびす
(恵比寿)
役行者
(えんのぎょうしゃ)
大己貴神
(おおなむち)
大日孁貴神
(おおひるめ)
大物主神
(おおものぬし)
大山祇神
(おおやまつみ)
迦具土神
(かぐつち)
金山彦神
(かなやまひこ)
金山姫神
(かなやまひめ)
神皇産霊神
(かみむすび)
菊理媛神
(くくりひめ)
櫛名田姫神
(くしなだひめ)
九頭龍大神
(くずりゅう)
国之常立神
(くにのとこたち)
家都御子神
(けつみこ)
熊野速玉男神
(くまのはやたまのお)
熊野牟須美神
(くまのふすみ)
事代主神
(ことしろぬし)
金毘羅権現
(こんぴら)
木花咲耶姫神
(このはなさくやひめ)
猿田彦
(さるたひこ)
弁財天
(べんざいてん)
志那都比古神
(しなつひこ)
少彦名神
(すくなひこな)
素盞嗚尊
(すさのおのみこと)
瀬織津姫命
(せおりつひめのみこと)
多岐津姫命
(たきつひめのみこと)
建御雷之男神
(たけみかづちのお)
月読命
(つきよみみこと)
白龍神
(はくりゅうしん)
豊受比売
(とようけひめ)
罔象女神
(みづはのめ)
八咫烏
(やたがらす)
雷神
(らいじん)
龍神
(りゅうじん)
以前の記事
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
[ACRE] アクレ ブレーキローター スタンダードタイプ フロント用 エスティマハイブリッド AHR20W 06/01~ 2400 ※代引不可 ※北海道・沖縄・離島は送料2160円2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
ミシュラン LATITUDE Sport 3 N0 サマータイヤ 235/60R18 MSW by OZ MSW86 ホイールセット 4本 18インチ 18 X 7.5(B67) +45 5穴 1082012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
検索
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
お気に入りブログ
最新のコメント
泉穴師神社の奉納演武を目..
by 大城戸無端庵 at 09:17
touharaさんはじめ..
by 氣錬者 at 22:14
先日は貴重な経験をさせて..
by 基道館 大城戸無端庵 at 07:35
先日は突然の電話で、失礼..
by 大城戸 at 13:03
山本 様 返事が遅くな..
by touhara at 12:45
ひろ様 お便りありがと..
by touhara at 16:08
はじめてブログを観させて..
by ひろ at 14:53
お久しぶりです。ミヤシタ..
by 和女布 at 14:04
益田様 大山祗大神のお..
by touhara at 16:27
2016年5月14日、岩..
by 岩根山 at 07:32
最新のトラックバック
神起こし 二月七日 (火..
from 神起こし 急ぐ   - ぐる..
神起こし
from 神起こし 急ぐ   - ぐる..
ファン
記事ランキング
2019年 01月 21日

[ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L747 スロットルコントローラー (PWHP) 【ツーリング必需品】 19インチ×8.0J PCD:114.3 穴数:5 インセット:-6

神起こし日誌 31一月十八日(金曜日)曇

坂本 叡山律院 

日吉大社       参拝


大阪から新快速敦賀行に乗り乗り換えなしでJR叡山坂本駅下車。参拝仲間と話している間に到着。すでに新石切から車で来られた今日の先達の方々が改札でお出迎え、合流。

静かな佇まいを見せる門前町を通り抜け、帰化人の穴太衆の一族が築いた石垣を愛でながらまず叡山律院を訪ねる。玉石の間に大型の切り石を挟んだ塀というより背の低い城門と言った方が良いような結界を抜けると、律院の門に出会う。

穴太衆の古墳群のある処は、志賀越えの途次にあるが、偶然、この志賀の地に存する崇福寺廃寺の年一回の記念式典に参加するようになって、この一族の古墳群を知った次第だったが、城の石積みで有名で、名と実績で財を成した技能帰化人集団だった。兎に角、調和のとれた石済みは、風合いに優れ,人に安心感とまた厳しさを同時に印象付ける威力を持っていて、美しい。見ていて飽きない。一角を切り取るとすれば、立派な絵画ともなりうる。

律院で菩薩・如来にご挨拶。

次いで毎日護摩を炊かれる護摩堂に大日不動明王を訪ね、参拝。

ここでは、毎日護摩供が午前11時から当院の住職大阿闍梨によって行われるのだが、まだセッションが始まる前だったので、護摩堂に上がることができた。

先達さんに不動明王が降り、神起こしを叱咤激励された。最後に、不動尊祈り経を上げさせていただいた。この先達さんは、男性だが、祝詞の類は、上げられない。

日吉大社に参内すると、東本宮、西本宮に見向きもせず、背後の八王子山の頂上付近にある磐座を目指し、急斜面を上り始めた。ここが金大巌(こがねおおいわ)と呼ぶ、巖が鎮座して坐す。八王子というのは、初発の神々を纏めて呼ぶ名称だから、山の御名もそこから由来しているのだろう。神山である。大巌の前に立つと、前面に琵琶湖の眺望が素晴らしく、両サイドに立派な神殿が両側に立っていて、それを支える支柱が櫓のように組み合わさって二つの社殿を支えている。登り口の石段の両側にも立派なお社があるが、これは、上の社の揺拝所という設定らしく、正式には二宮、牛尾宮とそれぞれ呼ぶらしい。急峻な山上に参拝できない人々のための揺拝所となっていて、山上のものが両本殿だったとは、気が付かなかった。無礼を詫びた。


一同、大巖に向かい土間に正座。先達さんは、祝詞ようなものは一切奏上せず、いきなり磐座に天下った、あるいは天に坐す神を呼び出す。すると、降臨なされた神は、この方に憑依して降る。

「天御中主尊である。」と名乗られた。そして、

「皆ご苦労である。今年は、神が大きく動く。わたくしがそれをリードします。皆、神と共に、有為の人々をできるだけ糾合して 、神の道に導いて頂きたい。(それが天変地変を沈め、世界を安定させることだから)お願いする。」旨のお言葉を頂いた。

宇宙最高神であり、地球を収める大神からのお言葉である。私的には、長年‘神起し’に付き添って頂いている大神であり、守護神であるが、今日、山上のこの地で降るお言葉は、重たく、襟を正して聞かねばならない感がした。

今日の参拝は、これで終了である。

東本宮に坐す大山祗大神やその奥様と言われる、鴨玉依姫さん、それに大山咋(おおやまくい)という御名で坐す、天照国照天火明櫛玉饒速日尊に参拝もカット。また西本宮に坐す、大己貴神さんや須佐之男命の参拝もカット。この修験者にとっては、それで十分だったようだ。外界では、古代フエニキュアの大神であり、ユダヤの最高神と言われるヤーベ大神の日本名が、天御中主尊といわれているが、その大神から直接御託儀を頂いたのだから今日の大役を果たしたということなのだろう。他を回ったところで、神々は、同じことを示唆されることに違いないので、それで十分だったと思科する。

私的には、有名無名の神々を寺社仏閣や山々を訪ね、祝詞を上げ、神起しを行う身であれば、物足りないことには違いない。いやそう思えば又くれば良いことだ。ただし、参拝は正午過ぎに終わったものの、直会は、貸を二回変え、神や天空、奇跡を語らい、延々と続き、解散したのは、午後八時過ぎだった。


今日も神に感謝。


# by touhara | 2019-01-21 11:47 | 神起こし | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 20日

神起こし日誌 31一月十三日(日曜日)曇

神起こし日誌 

大和神社        参拝


今年、新年月次祭には、恒例の通り多くの神々が降臨された。

大兵主神社、相撲神社では、野見宿禰、武内宿禰、大国主尊、大兵主大神、そして壇ノ平磐座、磐座月次祭では、

伊邪那岐/伊邪那美、天御中主尊 【送料無料】 165/70R14 14インチ MANARAY マナレイ ユーロスピード G10 5.5J 5.50-14 DUNLOP ダンロップ ルマン V(ファイブ) サマータイヤ ホイール4本セット、高皇産巣日神、神産巣日神、大山祗大神、木花咲耶姫、天照皇大神、猿田彦大神、天鈿女大神、開闢国常立尊、天児屋根尊、建御雷神、素戔嗚尊、大己貴神、菊理姫大神、高龗、宇宙大龍大神の降臨があった。

どの場所でも、今日は神々を代表して、大己貴神が祭祀を執り行われ、大変ご機嫌よく宣われた。

(今日は)「天の岩戸開きじゃ。」と。

これには一同感激した。長年祭祀してきたこの場所が天の岩戸に格上げされたという意味にも、今年が何か世の中が大きく(目出度く?)良い方向に変化するという解釈もでき、一同大歓喜の中にも夢疎かに神事を疎かにできないと気を引き締めた。歓喜極まった先達さんが立ち上がり両手を大空に向かって広げ、次いで柏手を打ち、「弥栄」を繰り返した。

これ、「弥栄」(いやさか、目出度く神をたたえる詞)を手拍子で、皆、先達さん合わせ、何回ともなく繰り返した。

神前での直会のお下がりの神酒「香住鶴」にも舌鼓を打ったが、「天岩戸開き」のお言葉にも新春早々に相応しい慶事として、忘れえぬ神事となった。

「この三月にドーンとくるぞ。気を引き締めよ。」

大己貴神が警告を発した。今まで多くの神々より何回となく警告を発せられたが、この月と指定されて宣われたことはまずなかった。参加者一同、いきなり水を差された気持ちになった。昨年ならば、「今年も引き続き、荒れる年になるぞ。それも何回となく続く。」と自然災禍について警告を発せられていたが。不幸にも九州から北海道まで、多くの地域が災禍に見舞われ、苦難の年となったが、今年は、月を名差して‘ドーン’くるぞと語られたので、「自然災害でしょうか、それとも人災で、戦争なのでしょうか。」と問いかけたが、お答えはなかった。

知人の修験者にこの話をすると、頷き、こちらは、昨年後半からそのことはわかっておられたようだ。彼の話では、意外や大阪で、市内の海抜の低い場所が浸水などのが出るとのことだが、またその場所の特定もしておられた。だが、よく当たるといわれる学者さん等によると、房総半島・三浦半島・伊豆半島・御前崎付近 それに南海トラフも入っているが、大阪が被災するとすれば、南海トラフと関係があるのだろうか。


竜王山山上近くに坐す柳本龍神社に参拝。

運転中の先達さんにここの龍神が降臨して、龍神社に参拝するようにとのお告げがあり、そのことは前もって告げられていた。月並祭のあと、参拝することになった。社殿に向かい正座すると、龍神の意向が分かった。朽ちた注連縄が、全長5~60メートル位か、これは昨年我々が張り巡らせたものだが、そのまま垂れ下がっていた。従来であれば竜王山の下の柳本郷の仕事であったが、ご担当の老齢化のためかそのままになっていた。昨年の実績を買われ、今回の龍神の催促となった次第。

次の磐座月並祭の時に合わせ、我々一同が新調する約束をして、下山した。


最後に、麻畠、山本さんの意向で、大和神社に参拝した。庚申社、本殿、隣の高龗社には何時になく懐かしく、心地よく参拝させていただいた。また何故か特に本殿の佇まいには、いつも強い印象を受ける。


今日も神に感謝。



# by touhara | 2019-01-20 13:13 | 神起こし | Trackback | Comments(1)
2018年 11月 16日

神起こし日誌 30十一月三日(土曜日、祭日文化の日)晴





十一月二日の早朝、明治大帝の夢を見た。廊下を歩いておられる姿や、立像など。目が覚めてもくっきりと覚えているので、これは単に夢ではないと悟った。すると、その日の昼頃、友人の女性から電話が入り、桃山陵参拝に誘われた。なんでも久野潤さん(日本国史学会事務局長)の集団参拝に参加されるとのことだった。
二つ返事で、ご一緒させて頂きますと返事をした。偶然とはこのことか。



明治大帝の誕生日に当たる日、大東亜戦争の敗戦までは、明治節とか天長節と呼ばれ、日本国家の日と定められていた。
今は、文化の日として祭日とされているが、GHQとの駆け引きがあったにせよ、また名前が変わったにしろ、よく文化の日としてでも十一月三日を祭日として残されたものである。
明治の御世、この日の制定に当たって、史上初めて二万を超える市井の国民によって祭日とするよう嘆願書を帝国議会に提出されたそうである。勤労感謝の日も皮を捲れば、新嘗祭となり、旧祭日として残されている。


正式参拝の正装で参加することになっていたが、こちらの正式参拝は、いつもの白装束での参加とした。そのことに就いて注意があって、てっきりこちらに苦情を言われたのかと思ったが、ジーパンの参加者が一人おられ、この方に対しての苦情であったらしい。参拝は、陵の正面に一同整列し、作法に則り、参拝をした。祝詞の代わりに、君が代を斉唱した。また正憲皇太后(奥方)の陵にても、同様の作法で参拝をした。


こちらは一人、許しを得て、集団を離れ、再度、陵に参拝しなおしすることにした。明治大帝に対して、日頃から神起しに熱意をもって降臨されることに対しての感謝の意もあった。
幸い、まだ朝も早いのか、人影も殆どなく、神酒、簡単な供物も用意し、陵前の砂利に正座し、心を落ち着け、心行く迄、陵に向かって祝詞奏上させて頂いた。



参拝を終えて、帰途しようとすると、広場の一角に居られたご年配の女性から声を掛けられた。近郊の住人だった。
「祝詞有難うございました。声が陵全体の森に響き渡っていましたよ。」とお褒めの言葉らしい調子で言われた。
「それにしても、陵正面背後の立木が風害でなぎお倒されているのがとても気になりました。」と答えた。
「今年の風雨のは、ここは甚大です。通りの目立つところは KOMEHYO 18インチ タイヤホイールセット!アルテッツァジータ全グレードAXEL  アクセル ブリエ グロスブラックリムダイヤカット 7.5Jx18ディレッツァZ2 STAR SPEC 225/40R18、何とか目繕っておられますが、奥に入れば大変です。桓武天皇陵も、ここから伏見城跡に抜ける近道も、まだ進入禁止になっておりますよ。」



明治天皇陵の長い杜を京阪電車の方に抜けるところまで来ると、長い参拝者の列ができていた。伏見御陵参拝を長い間続けておられる集団で、数百人に及んでいた。陵の入り口付近では、受付の人が机を出し、次々に参列されるひとびとの受付をされていた。ご苦労様です。
この集団の中に必ず居られる方々を想像できたが、一人に挨拶すると次々となるのだろうから、この女性と一緒に語り合いながら、うまく通過させていただいた。


今日も神に感謝。
# by touhara | 2018-11-16 17:16 | 【関西、関東限定】取付サービス品GD インプレッサ サイドステップ【バリス】IMPREZA GDB APPLIED MODEL[ F・G] WIDE BODY専用 SIDE SKIRTアンダ-部カ-ボン神起こし | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 21日

神起こし日誌 30十月十八日(木曜日)晴

神起こし日誌 

元石清水八幡宮 八幡神社 
葛城不動寺          
太子町 叡福寺



この八幡神社の御祭神は、神起しに大変尽力頂いている神々。
大安寺に纏わる八幡神社に参拝。今回で二度目であるが、まだ拝殿の建て直しはテントに覆われて復元中だとの事だったが、すでに本殿の修復は終わっていて、作宮司さんにご案内頂いた。
「御魂移しは、先日夜中に行いました」
とのことで クランク角センサー BMW 1シリーズ E81用 輸入車用部品 輸入車用パーツ、仮設にお移りになっていた御魂を本殿にお戻り頂いた訳。
「いや、宮の総代など数名で行いました。」との事。神様方も修復された古巣にお戻りになって、とても慶賀に、さぞや心、安んじておられるに違いない。お宮の建替え・再建は、宮司職にあるものにとって、一生一代の大仕事であるはずで 【送料無料】KYB (カヤバ) NEW SR SPECIAL リア左右セット NSF9103*2本 スバル レガシィ BH5A-56F 1998/06~2000/04 KYB [自動車 サスペンション ]、「正業も潔く人に譲り、宮司一本で神に奉仕することを選びました。二足の草鞋は、神に失礼だと思いましたので。」並々ならぬ決断をされたと思科する。



ご祭神は、神功皇后、誉田別尊(応神天皇)、仲哀天皇の親子だが、本殿の両サイドに武内宿禰、仁徳天皇が祭祀されている。うれしい限りである。しかもご子息の仁徳天皇の祠は、新築のピカピカのお社が届いていた。お目出度続きである。



本日も、前回に続き崇敬家の麻畠さんと同行。神酒、供物を整え、賽銭箱の前の地面に正座、本殿の神々を見上げ、日頃の感謝を込め、祝詞・経を奏上。同時に天下泰平、国家安穏、五穀豊穣、御山繁栄、地震鎮護を祈願した。



前回訪れた時は、御魂は別の仮宮に坐され、本殿はテントに囲われていたので、わからなかったのだが、本殿の回廊の下の壁の部分は何段にも棚が作られ、素焼きのハトの焼き物が奉納されていたことに驚いた。子息を腹に宿したままで朝鮮の新羅征伐に赴かれ、凱旋後に誉田別尊(応神天皇)となる赤子を産み落とされたという故事に因んだことと思われるが、実は江戸時代を通じて安産の神として尊崇されていた。安産祈願というか Project μ プロジェクト ミュー ブレーキパッド EURO SPORTS Excellence フロント RENAULT LAGUNA 56F3R 2.0 RT/RXE/RTE、無事に子を授かった御礼というか、このハトの素焼きは、神への感謝のしるしだったのである。(宮司さんの説明。)



後で気が付いたのだが、正面の奉納額に若い武将の御姿が描かれていた。
「これは、誉田別尊(応神天皇)さんですかね。」
「違います。これは神功皇后さまです。」と宮司の返事があった。
まだあどけなさが残る表情で、鎧武具に締め付けられた鳩胸であってみれば、女性と判別するのは、無理からの事かと想像した。しかし、いい画像だなと思った。



志賀ノ島という博多湾に浮かぶ島がある。そこに古くから志賀ノ海神社があるが、そこに奉納されている神功皇后の物品があり、大切に保管されているのを覚えている。なんと、朝鮮征伐を前にして射殺した、千頭の鹿の角付きの頭蓋骨である。元々、志賀島は、鹿が群生していたから、そのまま島の名前になったのではないか。支那の皇帝から下賜された金印が出た島でもある。八幡神社にも神宝があるそうだが、もしそれが神功皇后によって愛用された弓と矢であるとすれば、万が一志賀島でも使用されたものではないかと、ふと想像した。
鹿の頭蓋骨より、嵩が少ないし、遥かに高級品でもある。



この後、葛城のロープウエイの付け根にあるお寺、不動寺にお邪魔することになった。
到着して庫裏の正面に坐す不動明王(三座?)のお姿を見て初めて見覚えのある古刹であると気が付いた。役行者に所縁のあるお寺である。八年か九年前である。犬鳴山で月参りしているときに役行者が降臨され、「わしの埋めた経塚、葛城二十八宿を参拝して回らないか。これも神起しになるぞ。どうだ?」と宣われた。向こう様は、行けと言われているので、拒否はならぬと思い、先達さんを通じて承諾をした次第。そして、不動寺のある峡谷が役行者の主として修行されたところである。近鉄御所駅から櫛羅の交差点近くの京塚二十三番を探し出して数カ所参拝。不動寺に参拝。それから櫛羅の滝参拝。急峻な急斜面を上り、葛城山上葛木水分神社経由水越峠を下った日を思い出す。



ところが住職のお話によれば、櫛羅の滝とは別に行者が籠り修行した窟がこの近くにあるとの事。それは全然知らない場所だった。修験の人の書いた案内書にもそれはなかった。新鮮な驚きだった。住職によれば、其の窟は今も存在しているとの事。次回は是非ともお参りしてみたいところである。長きにわたって、毎日欠かさず唱える経、帰命頂礼行者尊の中で‘葛城山で難行苦行なされしが遂に本願時至り・・’という一説があり、それは上方の櫛羅の滝と思っていた。しかし寝泊まりも含め修行のかなりの部分は、‘窟’でなさった筈である。住職のお話を聞くにつれ、確信に近いものを感じた。



今日は、誉田別尊(応神天皇)や武内宿禰さんだけではなかった。なんと神変大菩薩(役行者)のお招きもあったのだと思った。不動寺などは、記憶の隅になかったから、これはご縁というほかない。住職との貴重な過ごした時間の後は、夕日の落ちる竹内街道を西に向かい、聖徳太子の坐す叡福寺や推古天皇の陵を、時間を気にしながら往古の街道を急いだ。



今日も神に感謝。

# by touhara | 2018-10-21 17:52 | 神起こし | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 15日

神起こし日誌 30十月七日(日曜日)曇

神起こし日誌 

纏向磐座月並祭

磐座月次祭の日は、相撲神社の参拝から始まるが、ここに野見宿禰さんとか相撲大明神さんが光臨頂くのは有難くもあり、相撲発祥の地なので、ある意味、当然の事とも言え、納得である。

また同時に武内宿禰さんの降臨がある。光臨され、大兵主神社から山上の月次祭場まで同行頂くことが度々あり、大変感謝し、この大神を参拝者一同尊崇している。

しかし、大神様であり、古代史上では、偉大な人物であるが、謎も多い部分が多すぎ、

[ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L747 (PWHP) 19インチ×8.0J PCD:114.3 穴数:5 インセット:-6
【シェルタイプロックナットSet】20個入り■ミレーニア/マツダ■M12×P1.5/クローズドエンドタイプ53mm■1個51g【レデューラレーシング】 ロック&ナットセット【CL53-11】!BRIDGESTONE Playz PX 195/55R15 85V 【195/55-15】 【新品Tire】ブリヂストン タイヤ プレイズ 【店頭受取対応商品】【通常ポイント10倍!】.ロリンザー ベンツ CLKクラス W209 ロリンザー リアマフラー EDITION-F01 クーペ,ACCOSSATO アコサット レバー 29mm レーシングクラッチB カラー:ブルー

[ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L747 (PWHP) 19インチ×8.0J PCD:114.3 穴数:5 インセット:-6

、歴史的にもこん後解明されることがいくつもありそうだ。5代の天皇に仕え、ヤマトタケルの武勇人生は、武内宿禰の写しともいわれ、中には神功皇后を母とする応神天皇(誉田別命)の隠れた父親だった、など、ささやかれてもいる。


敦賀の気比神宮は、確か神功皇后の夫君・仲哀天皇がご祭神だが、その奥宮と言われる、「常宮」も幾つものエピソードがあるようだ。核廃棄物再処理工場「ふげん」と同じ山の反対側斜面にある‘常宮’の奥宮である磐座までよじ登り参拝したことがあったが、この岩に隠された洞窟なども、幼児の応神天皇を暗殺者から守るために武内宿禰が大いに利用した場所の一つであっただろう。磐座ハンターの宮下嬢(当時)とこの磐座の窪みというか洞窟を見つけ出すために苦労したのを懐かしく思い出す。この折り重なる岩石の隠された秘所を探り当てた時の感動は、えも言われないものだった。

無論、常宮には、武内宿禰の立派な小ぶりだが、応神天皇の社殿と共に仲睦まじく鎮座して坐す。


ブログで書き込みの多い神・人物であるが例えば、下記の文章もその一つだ。

マーチン・ランドーさん「趣味人倶楽部」より引用

『この人物は・・・神技を使うこと、卑弥呼(天照大神)を助け応神王朝を築いたことにより、スサノオノミコトに比定できる。
蘇我氏を筆頭とする大和7部族の祖となったことで、大物主(大国主)に比定できる。
神功皇后の大和入りを助け、応神天皇の別腹兄である香坂王(カゴサカノミコ)と忍熊王(オシクマノミコ)を倒したことにより、神武天皇に比定できる。
齢300年を数え5代の天皇に使えたとあり、逆に考えれば彼が天皇で有ったとしても不思議ではない。
それだけの人物であるのに、歴史家には余り騒がれないのはどうしてであろうか?』引用終わり。

このほかにも、上記引用とダブるが、武内宿禰大神が、大和の許勢臣(巨勢臣)蘇我臣平群臣木臣(紀臣)等、部族の祖をはじめ、他27の名家の祖であることも驚きの一つである。生前の武内宿禰さんの権謀術策、子育て(応神天応)、武闘など、限りなくロマンを感じる次第である。この人は一体何なんだと当惑するほど、桁外れに大きな人物である、今はとても親しみのある大神となられているが。


圓壱圓札(兌換紙幣)の肖像をコピーしたものだが、ほかにも五圓札もあり、この紙幣どちらにも、武内宿禰大神の肖像画が印刷されている。勿論実像の記録はない。

磐座月次祭は、盛大に催行された。壇ノ平磐座を含め、かってなかったほどの大神達が参集、降臨された。大兵主神社でも、磐座でも、大神達から感謝のお言葉を頂いた。

尚、神は、今年もまだまだ災禍は続くので、気を緩めずに対処するようにとのお言葉があり、ただ、先達さんの受けた感じでは、関西ではないようだとの事だった。

本日の神前での直会には、

[ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L747 (PWHP) 19インチ×8.0J PCD:114.3 穴数:5 インセット:-6

、安芸の‘誠鏡’(竹原市中尾酒造)だった。深みのある味わいを秋の深まりの景色の中で心行くまで楽しんだ。

今日も神に感謝
# by touhara | 2018-10-15 15:25 | 神起こし | Trackback | Comments(0)
12345次へ > 【メーカー在庫あり】 DGN5003UT イスカルジャパン(株) イスカル A DG突/チップ COAT 10個入り DGN 5003UT JP店 >>

LINEA PCD:114.3 CRIMSON 19インチ×8.0J L747 [ホイール1本(単品)] (PWHP) 穴数:5 / L747 CLUB インセット:-6 (PWHP)

※ メッセージを入力してください
{yahoojp} {kamiokoshi.exblog.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-17366