>  > シャドウスラッシャー400(SHADOW) コンバットフットペグ(ポリッシュ) フロント&リアセット ガレージT&F






 

 

 

シャドウスラッシャー400(SHADOW) コンバットフットペグ(ポリッシュ) フロント&リアセット ガレージT&F

シャドウスラッシャー400(SHADOW) シャドウスラッシャー400(SHADOW) ガレージT&F コンバットフットペグ(ポリッシュ) ガレージT&F フロント&リアセット

     13、かげ(かげとかげ)

 


罔両問景曰

罔両(ぼんやりした薄影)は、景(はっきりした影)に訊ねて言った。


. ◆(略)


「网(あみ)+亡(みえない)」で、「かぶせて隠すあみ」。



「左右両方が対をなして平均したはかり」を描いたもの。


【罔両】は「影のそばに生ずる薄いかげ」「もやもやしてたよる所のないさま」。


【両】という字に、何やらちょっとした含みを感じますね。


「上部(楼閣の姿)+下部(小高い土台)」で、「高く明るく大きい」⇒「明暗がはっきりと分かれるもの」⇒「明るい日影」。





曩子行
今子止
曩子坐
今子起

「以前のきみはは歩んで行っていたのに、
今のきみは止まっている。
以前のきみは座っていたのに、
今のきみは起きている。


. ◆(略)


「日+襄(間に割り込む)」で「中間に何日も割りこんで日が経たこと」。



わざわざこの【曩】を使っているのは、過去─→現在(今)という連続した時間の経過というより、分断した日数がただ並べられる‥というイメージを持たせるためでしょうか・・・?





何其無特操与

どうしてこうも、頼りにできるこれといった操縦をしないのだろうか。」


. ◆「なんとまあ定まった節操のないことだね。』」とされています。



「牛+寺」で「目立つ種牛」。⇒「とくに、それだけ特出する」。



●【特】の他「待」、「時」「侍」「恃」「持」にある〔寺〕の意味は ブリヂストン POTENZA ポテンザ S007A サマータイヤ 225/50R18 MONZA Warwic Empress Mesh ホイールセット 4本 18 X 7 +53 5穴 114.3、
のちに「寺院」などと使われるような意味を含むようになったものですが、
もとは、〔寸(て)+之(あし)〕で「持ち歩く」意だったようです。
そこから⇒「(持ち歩いて)たよりにする」ことではないかと推察されます
時(日をたよる)・侍(人をたよる)・恃(心をたよる)・持(手をたよる)‥
と考えていくと、【特】は「牛(大きく強いもの)をたよる」となり、
次に出てくる【待】は「彳(来るもの)をたよる」となるのかもしれません。




「手+喿(木の上の三つの口/せわしない、やかましいこと)」で、
「手先でやりくりする」「たぐり寄せる」「あやつる」⇒「みさお」などの意。


【無特操】は 【メーカー在庫あり】 ホンダ純正 カウルセット R サイド (WL) TYPE2 64220-MFM-G50ZB HD店、ふつう【特】は「一」の意として「節操のないこと」とか、無視して「自主性のないこと」などと訳されています。


この【特】は、次の【待】とも関連して、キーワードとなりそうです。
行動の起因として、「たよりになるもの」があるのかないのか [品番:22033] グラン(GLANZ) ハードブレーキローター フロント 日産(NISSAN) セレナ TC24 TNC24 PC24 PNC24 RC24 VC24 VNC24 99/6~05/5、またあるなら、それはいかなるものか‥という時に、「牛のように、大きく、強いもの」を、
たのみにしないのだろうか・・・と、自らはうすぼんやりしている影が、
形のはっきりしている影に、

シャドウスラッシャー400(SHADOW) コンバットフットペグ(ポリッシュ) フロント&リアセット ガレージT&F

【製品の仕様】
本体部分:アルミ製ポリッシュ仕上げ。
ジョイント部分:アルミ製。
フロントサイズ:最大外径約31mm。全長(ジョイント部分を含む)約162mm。
リアサイズ:最大外径約31mm。全長(ジョイント部分を含む)約171mm。
【製品の特徴】
フットペグを交換するだけでだいぶイメージが変わります。

【商品名】
コンバットフットペグ(ポリッシュ) フロント&リアセット
【商品番号】
G28-SS400FP02
【メーカー】
ガレージT&F
【車種メーカー】
HONDA(ホンダ)
【適合車種】
シャドウスラッシャー400(SHADOW)

【適合車種】
シャドウスラッシャー400(SHADOW)

key:フットペグ

zero427361

、問いかけている設定ではないかと思うのです。




シャドウスラッシャー400(SHADOW) 車高調 コンバットフットペグ(ポリッシュ) フロント&リアセット ガレージT&F ■

 


*

「かげ」と「そのまわりにできるうすぼんやりとしたかげ」との問答です。
罔両(ぼんやりした薄影)は、景(はっきりした影)に訊ねて言った。
「以前のきみはは歩んで行っていたのに プロジェクトミュー ブレーキパッド type-ps フロント用 フォレスター SF5(リアドラム車) 97.2~ 送料無料、 今のきみは止まっている。 以前のきみは座っていたのに、 今のきみは起きている。
どうしてこうも、頼りにできるこれといった操縦をしないのだろうか。」





景曰
吾有待而然者邪
吾所待又有待而然者邪
吾待蛇蚹蜩翼邪

景(はっきりした影)は言った。 「ぼくは、訪れるものを待つ身であって、ただそうしているだけの者なんだよ。 ぼくが待つ所のものも、また待つ身であって、ただそうしているだけの者かもね。 ぼくが待っているのは、ヘビの腹のうろことか、セミの羽根とかだ。


. ◆「影は答えた。『僕は(自分の意志でそうしているのではなくて、)頼るところ(人間の肉体)に従ってそうしているらしいね。僕は蛇の皮や蝉のぬけがら(のようなはかないもの)を頼りにしていることになるのでろうか。」とされています。


上記説明のように、【待】は 【送料無料】ZOOM(ズーム) ダウンフォース アベニール PNW10 SR20DE H2/5~H10/8 4WD 2.0L ZOOM [自動車 サスペンション ダウンサス]、【特】に対するもので、「特にこれといったもの」ではなく、ただ何でも「やって来るもの・訪れるもの」を「たよりにするように待っている」と言っているのではないでしょうか。



「虫+付(ぴったりとくっつく)」で、「(蛇の)下腹部のうろこ」。



「虫+周(音符/鳴く音から)」で、「せみ」のこと。



ここの【蛇蚹】【蜩翼】は、ふつう「ヘビ・セミのぬけがら」として(影の主は人間だと)「はかなく空虚なもの」の例えとして、解釈されています。



というのも、よく似た話が『荘子』寓言篇の中にあるためだと思われます。
 そこには「 予蜩甲也 蛇蛻也 似之而非也 」とあります。
 ここの「甲・蛻」は、明らかに「ぬけがら」ですが、「待つ」対象ではなく、
 続く言葉は、「似て非なるもの」と文脈は違っています。
 つまり、「(影は)向こうへとずらすように押しやられたセミやヘビのぬけがら
 に似てはいるが、そういうものではない」として使われた表現‥。


【蛇蚹】【蜩翼】は、あくまでも「ヘビの腹のうろこ」「セミのはね」でしょう。
つまり、「人間のかげ」とは限らず、一般論としての「かげ」のことである可能性があり、行動の起点として「たよるところ」、景の待つ「訪れるもの」とは、
「ヘビなら、動きを【操る】、土に接する下腹部のうろこ」であり、
「セミなら、飛翔を【操る】、はね」ということになる
‥と言っているのではないでしょうか。





悪識所以然
悪識所以不然

どこで、そうしているわけを識(し)れるのだろうか。 どこで、そうしないでいるわけを識れるのだろうか。」


. ◆(略)


「言+〔弋(棒ぐい)+Y型のくい/目印〕+口(音)」で、
「目印や名によって、いちいち区別して、その名をしること」。   



景の「行動を操る起点」は「ヘビの腹のうろこ」「セミのはね」とはいえ、
その「うろこ」や「はね」も、同様に「ただ訪れるものを待つ身」であれば、
どこで、その本来の「行動の起点」「由縁・理由」があることを識別し、
どうやって、それを意識すればいいのだろうか・・・
といった問題を、私たち自身に投げかけてきているかのようです。




景曰 吾有待而然者邪
吾所待又有待而然者邪
吾待蛇蚹蜩翼邪
悪識所以然 悪識所以不然


*

「待つ身」のものであるが、二重仕掛けのようですね。
景(はっきりした影)は言った。 「ぼくは、訪れるものを待つ身であって、ただそうしているだけの者なんだよ。 ぼくが待つ所のものも、また待つ身であって、ただそうしているだけの者かもね。 ぼくが待っているのは、ヘビの腹のうろことか、セミの羽根とかだ。どこで、そうしているわけを識(し)れるのだろうか。 どこで、そうしないでいるわけを識れるのだろうか。」





▽ ちょっと深読み的解釈!? ▽

罔両問景曰
曩子行 今子止 曩子坐  今子起
何其無特操与
景曰 吾有待而然者邪
吾所待又有待而然者邪
吾待蛇蚹蜩翼邪
悪識所以然 悪識所以不然


罔両(ぼんやりした薄影)は、景(はっきりした影)に訊ねて言った。 「以前のきみはは歩んで行っていたのに、 今のきみは止まっている。 以前のきみは座っていたのに、 今のきみは起きている。 どうしてこうも、頼りにできるこれといった操縦をしないのだろうか。」 景(はっきりした影)は言った。 「ぼくは、訪れるものを待つ身であって、ただそうしているだけの者なんだよ。 ぼくが待つ所のものも、また待つ身であって、ただそうしているだけの者かもね。 ぼくが待っているのは、ヘビの腹のうろことか 、セミの羽根とかだ。どこで、そうしているわけを識(し)れるのだろうか。 どこで、

シャドウスラッシャー400(SHADOW) コンバットフットペグ(ポリッシュ) フロント&リアセット ガレージT&F

、そうしないでいるわけを識れるのだろうか。」



{yahoojp} {bccweb.bai.ne.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-29890